不動産投資で土地活用を!~アパート経営のすすめ~

一括借上とは?

これだけは知っておきたい一括借り上げの特徴

一括借り上げという言葉を良く聞くようになりました。一括借り上げとは、新築マンションを購入するときに保証会社がその家賃を保証してくれるという点で優れた制度だと言われています。 投資家としては、新築マンションに投資する上で恐れていることは、その新築マンションを購入しても空室が増えることです。空室が多ければそもそも新築マンションを購入した時のローンを払い終える前に売りに出さなければならなくなり、そもそも投資としては大失敗なのです。 そこで、一括借り上げを利用して、家賃保証をしてもらうことで大失敗をすることを避けることが可能になりそうなのです。 ところが、一括借り上げというは家賃保証をすると言っても実際は家賃の額まで保証してくれるわけではありません。

家賃保証の理解を正確にすること

一括借り上げがもし借りた時の家賃をずっと維持してくれるのであればそれほどデメリットはないのですが、おおよそ2年おきに家賃の見直しがあるため、2年おきに家賃が下がってしまうのです。保証会社としても損をしないために家賃を下げることで負担を減らすわけです。ただ、その点について理解している人が少なかった時は一括借り上げを利用して、途中から「あれ、なんかおかしいぞ」となるわけです。 このように、一括借り上げの制度についてあらかじめ知っておくのとそうでないのは投資家の人生が変えてしまうことになるのです。 また、15年おきぐらいに修繕をしなければならない場合があり、この修繕は不動産会社と契約している業者がすることになるため、割高になるのです。