不動産投資で土地活用を!~アパート経営のすすめ~

良きオーナー

入居者募集に手間をかけられないオーナー向きのシステム

賃貸住宅経営を成功させるには、入居者を安定的に確保して家賃収入を得ることが重要であることは言うまでもありません。 そのためオーナーは、家賃の設定額は適切か、設備は入居者にとって魅力あるものになっているか、物件広告は効果を上げているかといったことを常にチェックしなければなりません。 ただ、これが専業オーナーならいいのですが、サラリーマン生活のかたわらアパート経営をしているような場合だとなかなか時間がありません。もちろん必要な知識や情報を取得するのも大変です。 こうした課題を受けて、現在普及が進んでいるのが一括借り上げというシステムです。一括借り上げとは、たとえばアパート一棟をそっくり事業者が借り上げ、実際の運営はその事業者が行うことをいいます。

事実上の「空き室なし」を実現

一括借り上げは、賃貸の方式としては一種の転貸となります。つまり事業者がオーナーから借り上げた物件を、その事業者が実際の入居者に賃貸することで成立するシステムです。オーナーに支払う家賃と入居者から受け取る転貸家賃の差額が事業者の収入となります。 オーナー側から見れば、直接の家賃債務を負うのは入居者ではなく事業者となります。そのため、一括借り上げ期間中は現実に満室状態であるか否かに関係なく常に満室分の家賃収入が得られるというメリットがあります。また、入居者の募集や選定、物件の現況チェックといった業務も代行してもらえます。 一括借り上げサービスは専門の事業者が存在するほか、大手不動産会社にも事業部門を有しているところがいくつかあり、利用の相談に応じています。